Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました と言うメールが届いた場合の対処法

「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました と言うメールが届いた場合の対処法」のアイキャッチ画像



私の場合、1日300通はメールが届くのですが、いつものようにメールをひとつひとつ丁寧に確認していると、今回は下記のようなメールが届いていました。
来ましたよ。またまた、新たなメールを着信したと言う事ですね。

メールタイトル:Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました

メールに記載されていた内容は、html表示になっていて、下記の通りでした。
各画像はパソコンにてクリックすると拡大致します。

Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました

内容的には、新しいデバイス(今まで使われていない端末)から、サインイン(ログイン)があった。
そのため、一時停止しているので、24時間以内に連絡します。
とあります。
嫌らしいのは、その下に「アカウント管理」とあります。
この「アカウント管理」は、絶対に押してはならないと、一目で感じました。




今回は、デバイスなどの表示項目があります。
デバイスは、Firefox (ファイヤー・フォックス)と言う、デスクトップ(パソコン)のブラウザであるとなっています。
付近は、北海道ですね。

実に面白い。
要は、北海道にいる誰かが、パソコンのFirefoxを使って、Amazonにログインした(しようとした?)と言いたいようです。
つまりは、自分のデータとしては、メールアドレスだけは、相手が知っていますが、他のデータまで獲られていると言う事はなさそうです。

メールのヘッダーを見ると、表向きの送信元は、Amazon.co.jp になっています。
そのため、迷惑メールに分類されず、正規のメールとしてたどり着いたのでしょう。
ただし、よく見ると、送信者は、xn--mobielknouvelle-cosse-q5b.com でした。
ずいぶん、長いドメインです。
Amazonさんでしたら、すべてAmazonのドメインで送信してくるはずですので、これで、パスワードなどを盗む目的の悪質なメールである可能性が高いくなりました。
したがって、最善の対応策は、何もしない「無視」です。




いつも無視するのは、悔しいのですが、被害を受けないための対処法としては、それが最適なだけに、止むをえません。

お客様のAmazon.co.jpアカウントに対する最近の変更 と言うメールが届いた場合の対処法
Amazon「置き配」 実際に毎日やってみたメリット・デメリット実録
不正請求?【ドスパラ月額サービス】お支払いのお願い(クレジットカード請求)