お願い社長 ゲーム最初の効率が良い攻略方法 (ゲームの進め方)

「お願い社長 ゲーム最初の効率が良い攻略方法 (ゲームの進め方)」のアイキャッチ画像



お願い社長! (スマートフォン・アプリ「おねがい社長!ゼロからの創業人生」) の序盤(最初の頃)の攻略法・ゲームの進め方を解説致します。
この「お願い社長」は、美女の秘書の助言を聞きながら、会社運営を指揮・操作する「社長業」のシュミレーションゲームです。
お願い社長を、開始して、30分~1時間程度の初心者さまに、分かりやすいように、明記したいと存じます。

街の中に、固定されている店舗を開業して、色々な業種の経営を行う、多角化的に、会社を大きくしていくと言う感じです。
業種を選べると言う事ではなく、ポイント・ポイントで、開始できる業種を、それぞれ、経営をしていきます。
最初は「タピオカ店」から初めて、2業種目は「スーパー」、次は「ネカフェ」、その次は「スパ」、そして「バー」と言うのが順番(固定)になっています。
基本的には、店長・社員クラスの人材を適材適所で配置して、尚且つ人材のレベルを上げていきます。
また、店舗の従業員数を増やして行き、要所・要所で、店舗も拡大させると言う事になります。
そのため、面倒な仕入れがあったり、価格設定を行ったりと言う要素はまったくなく、難易度は難しくないです。
お店の売上も、自動で回収され、尚且つ、ゲームをしていない時間も、自動回収となり、ゲームをしていない時間が長くても、原則として、損することは無いようになっている模様です。




基本的なゲームの進め方ですが、最初は「チュートリアル」から、開始されますので、指示に従って、進めていきましょう。
チュートリアル終了後は「メイン」と言う項目のノルマを達成するべく、操作を進めていきましょう。
そうすることで、ノルマを達成しつつ、ゲームのシステムや流れを、把握して行けます。
そして、メインを消化して行くことで、新しく開業できたり、新しい人材を得られたりと、成長できるようになるゲームシステムです。

無課金でも十分に遊べますが、課金すると、優秀な人材を、最初の頃から、得られます。
無課金で手に入る人材能力と、課金で得られる人材能力は15倍以上あるため、微課金でも良いので、課金できると、他のプレイヤーよりは有利に進められます。
特にライバルと自動で戦闘になる時など、人材能力が高いと有利です。
なお、戦闘と申しましても、ボタンを押して殴るなどと言う要素は皆無で、操作が早いから有利などのアクション性は、まったくありませんので、苦手な方でも問題ありません。
ともあれ、無課金でも遊べますので、まずは、練習と言う事で試してみて、新しいサーバーが新規開設されたときに、新サーバーにて、最初から改めてゲームを初めて、微課金できると、効率よく成長できるかと存じます。

お願い社長・攻略法

人材の能力・レベルを上げるのには「コイン」を消費します。
最初の頃、仕組みになれていなく、コインが無くなってしまった場合には「投資」を成功(完了)させると、何十万と言うコインをゲットできます。

なお、何か進めるごとに「アイテム」をもらえます。
もらえる可能性がある場合(何か対応する必要性がある場合)には、各アイコンに「赤いマーク」が右上につきます。
何かついていたら、その先に進んで、更に「赤いマーク」のところに入って、アイテムをもらいましょう。

基本画面の左下には「営業PT」があります。
この営業ポイントは、満タンになると「イベント」を実行できます。
そのため、満タンになっているのを見つけたら、すかさず押して、実行しておきましょう。




内容的には、やさしいゲームですので「お願い社長」で、経営センスがつくようなことはありません。
たまにクレーム対応がありますが、2択で、その結果が大きく経営に影響することは無いようですし、投資と言うシステムはありますが、借金したりすることはありません。
それらの点は、社長経験者からすると、だいぶ不満な点でもありますが、まぁ、ゲームですので、難しいことは無く、たくさんの人が、楽しめるようになっていると言えます。

以上、繰り返しになりますが、基本的にはクエストを消化し「メイン」もどんどんクリアして行くことで、成長させて行けます。
メインに勝てなくなった場合には、人材の能力を上げましょう。
また人材から「+ボタン」を押して「出陣」させ、戦闘メンバーに人材を加えておくことも、忘れずに行いましょう。
それでは、ご検討をお祈り申し上げます。




<追記> 人材のレベルが130くらいになると、スムーズに進めなくなりますが、それまで、ゲームではやることが多かったため、ちょうどよい作業量になると言う感じでする

お願い社長の著作権は IYAGAMES All Rights Reserved.
また、記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

社長の野望 最初の進め方攻略方法 そのあと本当に強くなれる方法も