阪神新外人獲得へ バルガス、ホワイト、ポロも視野に【ロサリオの代わり】

「阪神新外人獲得へ バルガス、ホワイト、ポロも視野に【ロサリオの代わり】」のアイキャッチ画像



阪神タイガースは、ロサリオ内野手の成績不振により、2018の今年もシーズン途中で、新外国人の助っ人を獲得する動きがあります。

打撃不振で2軍落ちとなったロサリオは、3億4000万円(推定)の2年契約です。
2018年の開幕から32試合4番を任されましたが、5月に入って5番、7番と打順が落ち、ついに6月2日の交流戦(西武戦)ではスタメン落ちとなりました。
その後、6月3日に登録抹消となり2軍に移っています。

これまでは、48試合で、打率.230、4本塁打、22打点、得点圏打率.230と言う成績です。
このような状況もあり、新外国人を調査している訳ですが、阪神タイガースが、新外人候補に挙げているのは下記の外国人選手です。







バルガス

ケニス・バルガス内野手(27)=ツインズ傘下3A=は、2017年ワールド・ベースボール・クラシックにて、プエルトリコ代表にもなっているスイッチヒッターです。
メジャーでは4年間で35本塁打をマークしています。
今季は3Aで50試合、打率.228、8本塁打、27打点です。

ホワイト

タイラー・ホワイト内野手(27)=アストロズ=は一、三塁を守れるメジャー通算11発の選手です。
今季は3Aで54試合、打率.337、10本塁打、36打点と、現在は安定しています。

オルト

マイク・オルト内野手(29)=レッドソックス傘下3A=は、メジャー通算16本のの右打者で長距離砲です。

ポロ

ラファエル・ポロ内野手(25)は、身長188cm、90kgで2013年には楽天に育成枠で入団していましたが、1軍出場はありません。
現在は、国内独立リーグのルートインBCリーグ・信濃に所属しており、今季は23試合でリーグ2位の打率.455、6本塁打、30打点と、暴れています。
25歳と若く、守備はファーストですが、足も速い中距離ヒッターと言う印象です。

シーズン途中から日本にやってきて、生活環境だけでなく、日本野球にも適応するというのは、そんなに簡単な話ではありません。
そう考えますと、今、日本にいるポロ選手が最適とも言えますが、最悪、外国人をやっぱり獲得しないと言うことも踏まえて、どのように判断するのか注目です。

例えば、現在、DeNAにて監督をしているラミレスも、来日した1年目は、打率.280、ホームラン29本、88打点を挙げましたが、外角の変化球が弱点でした。
しかし、当時の杉村打撃コーチが、毎日、試合前にティー打撃などで徹底的に克服できるように指導した訳です。
そして、ラミレス選手は手帳に相手投手の特徴などをメモするなど研究も熱心でした。
ところが、阪神タイガースは、投手コーチも含めて、そんな指導能力がない訳です。
そもそも、打撃コーチも優れていれば、毎年、チーム打率が低迷していることも無いとも考えられる話です。




いくら、ロサリオが外角へのスライダーに弱いと言っても、韓国球界にて2年連続3割、30本、100打点以上を打っている打者です。
適切な助言があれば、コントロールが良い日本のピッチャーでも。それなりに打てているはずなのではと感じてしまいます。

金本監督は「リフレッシュが済んだらロサリオのペースに任せている」と説明し、再昇格のタイミングは「二軍でどれだけ変化球についていけるか。上積みがないと同じことの繰り返しになる」と、スライダー克服を課題としています。

阪神新外国人候補「ナバーロ」左打ちに一本化か?
阪神新外人獲得へ ジェフリー・マルテ