小田急線の車内殺傷事件「祖師ヶ谷大蔵駅付近」容疑者・犯行経緯など詳細情報(2021年8月6日)

「小田急線の車内殺傷事件「祖師ヶ谷大蔵駅付近」容疑者・犯行経緯など詳細情報(2021年8月6日)」のアイキャッチ画像






小田急線殺傷事件

2021年8月6日20時30分20時40分頃、20時33分頃、東京都世田谷区祖師谷の小田急線「祖師ヶ谷大蔵駅」付近の電車の車内で「人が刺されている」と110番があった。
東京オリンピックが無観客で開催されている期間中でもある。
小田急電鉄は、祖師ケ谷大蔵~成城学園前駅間で発生した、車内旅客トラブルの影響にて、小田急小田原線は新宿~向ケ丘遊園駅間の運転を、上下線とも見合わせていると発表。
<追記> 小田急線の成城学園駅 → 祖師ケ谷大蔵駅間を走行中の、上り線(新宿方面)の快速急行列車の車内で、殺傷事件になった模様。(藤沢駅を197時44分に出発した快速急行・新宿行き)
<追記> 走行中、車内で「刃物を振り回している男がいる」という連格が入り、列車は緊急停車し、祖師ヶ谷大蔵駅の手前(急行線)で止まった。
現場の線路は、複々線で高架がずっと続くところ。




SNSなどからの最新情報によると、小田急線の車内で「複数人」が刺されており、容疑者は、無理やりドアを開けて、線路に降り、世田谷区内を逃走中との事。
<追記> 刃物を持っていた男は、10号車付近にいて、ドアコックを開けて車外に出て逃走。(上りの10号車であれば、先頭車両と考えられる)
車内は比較的すいており、ほとんどの乗客が座っていた。
付近にお住いの皆様は、緊急で自宅の防犯(玄関や窓を施錠するなど)を、確認して頂きたいところ。 → 容疑者確保されました。

※ここから下部は、すべて追記

容疑者は、神奈川県川崎市に住む36歳の自称・派遣社員とのことで、20代ではなかった。
翌日午前、容疑者の住所・名前(氏名)も報道された。

對馬悠介容疑者

氏名:對馬悠介(つしまゆうすけ)
性別:男性
年齢:36歳
身長:175cm
髪:黒髪で長め
事件当時の服装:黒色又は、オレンジ色の半袖シャツ、白色の短パン
出身地 : 青森県五所川原市
幼い頃に、母方の実家があった世田谷区に移り住んだ。
世田谷区内の小学校・中学校を卒業。
高校 : 都立大付属高校
大学 : 中央大学・理工学部 (5年間在籍し中退)
現住所:神奈川県川崎市多摩区西生田4 (アパート)
職業:職業不詳

※アパートの場所も特定できておりますが、他の住民や近隣の皆様へ配慮し、住所などの公開・記載は控えさせて頂きますこと、ご容赦願います。

19時30分ごろに自宅を出て、20時頃、最寄りの小田急線「読売ランド前駅」に、店舗にて、サラダ油とライター(チャッカマン)を購入。
更に、逃走資金として、ATMで現金4万円を引き出し、交通系ICカードにチャージした。(前日、生活保護の入金があった模様。)
そして「よみうりランド前」駅から、新宿方面に乗車。
対馬容疑者は、登戸駅で快速急行に乗り換えて、6号車に乗車。
すぐに隣の7号車に移動し、ドアの近くに立った。
20時29分、トートバックから出した刃物で、7号車向かい側のシートの端の席に座っていた女子大生を最初に差したほか、複数の乗客を包丁で切りつけたり殴ったりした。
刀(刃渡り約20センチ)は、柄が折れて、7号車に放棄。
8号車に移動すると、サラダ油をまいて、ライター(チャッカマン)で火をつけようとしたが着火しなかった。
<注釈> サラダ油は、燃料ではないため、発火点が高く、常温だと揮発しないので、火がつかない。(テッシュに染み込ませると燃えやすくなる)
多くの乗客は、先頭の10号車に逃げるしかなく、乗客は、運転席に向かって「止めてください」「殺人です」と口々に訴える。
そして、電車が祖師ケ谷大蔵駅の手前で緊急停車すると、乗客がドアコックを操作し、一部の乗客は、線路に逃げた。
空腹だったのか?、対馬容疑者は、乗客が落としたとみられる「おにぎり」を拾って食べた後、乗客が開けた9号車のドアから線路に降りて、すぐ近くの祖師ケ谷大蔵駅のホームに、階段から登った。
なお、包丁のほか、携帯電話が車内で見つかっている。
祖師ケ谷大蔵駅の改札付近まで降りた対馬容疑者は、トイレに寄りつつ、改札の様子を探った。
駅員の様子をうかがい、20時34分頃、駅員らに呼び止められることなく、改札口から、外へ逃走。
自動改札口のバーを、またぐようにして、外に出た様子が、駅の防犯カメラに映っていたのが判明。




当初、男は、高架から下に飛び降りた模様との情報もあったが、さすがに、飛び降りて、無事で済むとは考えにくい、高さでもあるため、非常階段や祖師ヶ谷大蔵駅のホームなどを利用して、改札を出た可能性も考えられる。( → その通りでした。)
警視庁は、容疑者は男性で、逃走中としていた。(その後、確保された)
少なくとも4名がケガしており、うち、1人が重傷だとの情報も。(全員意識があるとも)
初動で、救急車6台が現場に向かった。

ケガ人情報

国土交通省鉄道局によると、けが人は11人との事。
女性1人が腹、男性1人が頭にケガで、この2名が重傷。
他にも、男性1人が頭にけが、9人が軽いけがとの事。
いずれも意識はあるとの情報も。

<更に追記>

20代の女子大学生1人が背中など7カ所を刺されて重傷、他8名が軽傷で、けが人は合計9名。
さらに1人増えて、けが人が10人になったと発表されている。
ケガしたうちの5人は、殴られたり、逃げる際に、転倒したりしたとみられる。

血まみれで逃げてきた人に「大丈夫ですか」と声をかけたら「近くの人が刺されて血を浴びた」との回答だったとも。(重傷者は、キズが深い可能性もある)

男は年齢が20代くらいで、電車内から線路に降りて逃走したとみられ、凶器とみられる刃物は、車内に落ちていたとの事。
※車内に、刃物だけでなく、スマートフォンも残したまま逃走しているとも。(その通りでしたが、位置情報で追跡されないよう、捨てて行ったと
※車外に出た後、特徴的なデザインのTシャツを脱いで、裏返しに着直し、逃走したとの事。
※刃物は包丁(刃渡り約20cm)と判明
電車は小田急5000形のようだが、その場合、車内には防犯カメラも設置されているため、状況確認・証拠、また、容疑者特定の貴重な情報になる可能性がある。




祖師ヶ谷大蔵駅の場所は下記。

下記は、Twitterにあった情報を、公式な方法にて共有表示。

中学時代の友人の話「(中学時代は)女の子にもすごく優しくできる子。ハンサムだったので、好きだった女の子も多かった」

高校時代の友人の話「身なりに気をつかっていたようで服装もおしゃれで、容姿端麗なイケメンといった感じだった。」「成績は比較的上位にいた。」「かなりの女性好きで、(22歳〜23歳のころ)自分で自分の職業を『ナンパ師』だと話していた。三軒茶屋などで、何百人もナンパしていた。」「女性から色々言われ、性格が曲がっていっちゃったのかなと…」

女性を襲ってから逃走するまで3分ほどの犯行だった。
各ツイッターの情報は、削除されると、表示がエラーになりますこと、ご容赦願います。

容疑者確保

約1時間40分後(22時10分頃)、この記事編集中に、環八・高井戸付近の道路上(高井戸駅南側のファミリーマート前付近)に、パトカー20台くらいきており、約30人の警察官が、若い男を、囲んでいる状況の目撃ありを、Twitterにて確認。
当時、道路の渋滞情報を見ると、現地の環八が、渋滞していた。
→その後(22時16分現在)、杉並区内で身柄を確保したとの報道あり。(高井戸は杉並区)
祖師ヶ谷大蔵駅から地上に出た場合、確保されたと見られる高井戸のファミマがある場所(ファミリーマート高井戸西一丁目店)までは、約4.5km、歩いて約1時間の距離。
その後の報道で、対馬容疑者は「途中で自転車を盗んだ」と説明していると言う。
→ 対馬容疑者は、約3キロ北にある、都営住宅の駐輪場で、無施錠の自転車を見つけて、乗車して環八を北へ逃走していたことがのち判明。




確保時の詳細は下記の通り。
容疑者は、22時頃、コンビニに入り、無断で缶ビールを手にして、店内だ飲んだ。
そして、レジ付近にて、手持ちの現金を、なぜか募金箱に入れ「ニュースに出ている事件の犯人は俺です」と話したため、店員が110番したとの事。
緊急配備されていた警察官が、パトカーで駆けつけ、男の身柄を確保した。
男は「逃げるのに疲れた」と話している。(疲れて、これ以上は人を殺せないと思ったと供述)
容疑が固まり次第、殺人未遂の容疑で、逮捕する方針。(その後逮捕)

対馬容疑者は東京都内の公立高校を卒業後、中央大・理工学部に入学し、テニスサークルに所属したが卒業はしていないという。
調べに対し、2020年6月頃からは、人材派遣会社に登録し、コンビニの店員や学校教材を運ぶ仕事などをしていたと説明。
最近は大手食品会社でパン製造に携わっていた模様。
事件の5日前、8月1日16時ごろには、対馬容疑者の部屋で、調理中に空だきによる「ぼや騒ぎ」があり、近くに住む女性が119番通報していた。(燃えたものはなく、火災ではない)

対馬悠介容疑者は、「大学時代にサークル活動で女性から見下され(ばかにされ)、出会い系で女性にデートの途中で断られるなどし、勝ち組の女や幸せそうなカップルを見ると殺したくなるようになった」「誰でもよかった。大量に人を殺したかった」「6年くらい前から幸せな人を見たら殺したいと思っていた」「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいという気持ちが芽生えていた」「以前に、渋谷のスクランブル交差点を爆破しようと思っていた」「電車なら逃げ場がなくて大量に人を殺せるから電車を選んだ」「男にチヤホヤされてそうな女性を殺してやりたい」「いわゆる勝ち組の女に見えた (勝ち組の典型にみえた)」と供述している。
2021年に入ってからは仕事をしていないことが多く「数か月前から生活保護を受けていた」と言う、対馬容疑者は、事件を起こした昼に、新宿区内の食料品店で、万引き(880円相当のベーコンとオリーブ)をして女性店員に通報され、小田急・よみうりランド前駅近くの自宅に帰ったとの事。(実際には、警察官が対馬容疑者を、警察車両にて、18時21分に自宅へ送り届けた(自宅確認)模様。)
※警察に通報されたが、商品を買い取ることで、商品を買い取ることでお咎めなし。ただし、警察による所持品検査で、別の新宿駅近くのコンビニで盗んだビール3本と缶チューハイ、そして刃渡り6.4cmのカッターナイフを所持していたとの事。(ナイフに関しては、後日、任意の取り調べ予定だった。)
そのため「店員が女性で、殺してやりたいという感情が芽生えた」「夜に店に戻って、女性店員を殺そうと思ったが、店が閉まっていることに気付き、従来から思い描いていた、電車で人を殺す計画に切り替えた」とも供述。(夜であり、店が閉まっていたため、引き返して新宿駅に向かったする報道もあるが、閉店時間をスマホなどで調べた模様)
登戸駅で快速急行に乗り換えているが「快速なら乗客が途中で降りられないから」と理由を説明。
また「(牛刀は)2年前に自殺しようとネットで購入したもの。自殺は痛そうだからやめた」「車内に放火するために、最初は灯油を準備しようと思ったができなかった」「一瞬、迷ったが、牛刀を持っていたので実行しなければ銃刀法違反で捕まると思い、人を殺そうと決心した」「今やったら捕まるので迷いがあったが、せっかく準備したのだからやるしかない、と考えた」「誰でもよかったが人を殺せなくて悔しい。でも逃げ惑う姿を見て満足している」「小田急線車内で座っている女性を殺してやろうと思い、突き刺したことに間違いありません」と容疑を認めている。

事前に着替えも用意しており、対馬容疑者は犯行時に黒いマスクを着けていたが、身柄を確保された時は白いマスクだった。

※犯人とは、裁判で有罪になった人のことを言います。有罪判決を受けるまでは、犯人ではなく「容疑者」となりますので、念のため、明記しておきます。

下記はNHKによる報道を伝えたTwitter。

小田急線の運転再開に関しては、先に、成城学園前駅~祖師ヶ谷大蔵駅間に停車している、乗客を避難誘導したあと、線路の安全確認をするとして、23時現在、まだ、運転再開見込み、未定となっている。
→その後、00:15頃、運転を再開した。

事件があった車両は世田谷区の「喜多見電車基地」に移され、翌日、警視庁が現場検証を行う。
対馬悠介(對馬悠介)容疑者の住まいは、小田急線読売ランド前駅近くにある2階建て白いアパート(家賃2万5000円くらい)に、1人暮らしで、部屋の網戸は破れ、ひび割れた窓ガラスは、粘着テープで補修されていると言う。

新しい情報は、随時、追記・更新致します。
新しい情報の結果、修正となった箇所は、2重線を入れております。




不特定多数を狙った、通り魔的犯行は、とても許されるものではありません。
また、マネをする別の犯行者も、今後、出てくる可能性もありますので、警戒は必要です。
ちなみに、登戸駅で、小学性を殺傷(2019年7月)した、通り魔の家も、よみうりランド駅が最寄りでした。

ケガをされた皆様は、大変怖い思いをなさったことと存じます。
心よりお見舞いを申し上げるとともに、1日も早いご回復をお祈り申し上げます。

死亡男性は止めに入ったか?【新幹線の殺傷事件】 事件の流れと概要まとめ 2018年6月9日
登戸の通り魔事件「犯行時の行動」詳細まとめ 容疑者のおいたちも (2019年7月)