阪神タイガース「開幕スタメン予想」2021~阪神スタメンを2通り予測

「阪神タイガース「開幕スタメン予想」2021~阪神スタメンを2通り予測」のアイキャッチ画像



ここ数年では、最高とも言える布陣になりつつある阪神タイガースと言え、開幕戦のスターティングメンバーも、楽しみです。
という事で、個人的な主観となりますが、2021年開幕スタメンを予測してみました。
2通りあります。

ロハスが出場できるようになった場合には、下記の先発オーダーが最適と考えられます。
オープン戦が始まる前の段階でのスタメン予想です。
オープン戦での成績・結果次第では、若干の変動も考えられます。




開幕スタメン予想

1 近本 センター
2 糸原 セカンド
3 ロハス レフト
4 大山 サード
5 サンズ(マルテ) ファースト
6 高山 ライト
7 梅野 キャッチャー
8 木浪 ショート

1番・2番は、もう、確定と言えるでしょう。

ロハス選手は、間に合えば、長打だけでなく、打率も残せそうなので、3番が適切だと存じます。
ロハス選手が、開幕に、まにあわなかった時には、下記が妥当だと考えます。

1 近本 センター
2 糸原 セカンド
3 佐藤輝 レフト
4 大山 サード
5 サンズ(マルテ) ファースト
6 高山 ライト
7 梅野 キャッチャー
8 木浪 ショート




解説

4番は、もう、大山選手で良いでしょう。
調子を落としても、我慢して4番で使わないと、阪神では、今後、日本人4番が、育たないような気が致します。
5番、打撃が好調なほうで良いのですが、マルテもケガしてシーズンずっとは難しいと思われますので、サンズとの併用となるでしょう。

期待のルーキー、佐藤輝選手は、年間ずっとレギュラー出場できる、体力が、まだついてないと考えられます。
そのため、調子が良くても、3~4試合出て、疲れると、打撃も雑になるような印象です。
<注釈> オープン戦では、6連戦などはなく、2試合に1日休みが入っていると言う感じで、適度に休めたと推測できる
できれば、レギュラーとして使いたいところですが、体力がないのに無理をすれば、ケガをする恐れもあります。

ロハスがいない場合には、スタメンがあるかも知れませんが、好調な高山選手に、最後のチャンスを与えてあげたいところです。
高山選手も、ドラフト1位で、もともと、打撃は柔らかく、センスがありますが、実力を発揮できずにいます。
しかし、沖縄キャンプインでは、最初から好調をキープしており、フォーム改造などが、功を奏した可能性がありますので、開幕ではベンチになったとしても、出来る限りスタメンでの起用を望みたいところです。

今年の阪神にって唯一の課題としては「ショート」を守る選手でして、木浪選手、北條選手、小幡選手、中野選手が候補です。
ただ、悩みがショートだけというのは、ここ数年では、とても良い事だと感じています。
ドラフト6位の中野選手(三菱自動車岡崎)は、守備範囲も広く、失策も少ないです。
そのため、オープン戦で打撃がよければ、開幕ショートもあり得ます。




基本的に、守備位置は「固定」させなくてはいけません。
選手は、ただでさえ、守備も大切だと考えています。
阪神は、エラーが多いので、特にそうです。
しかし、コロコロ、ポジションが変わると、どうしても「エラーしてはいけない」と守備中心の考え方に、更に傾きます。
そうなると、バッティングにも影響が出てしまう場合があります。
そのため、守備位置は、よっぽどな事が、無い限りは、低位置に定めるべきです。
大事な場面でエラーして負けるなど、大きなミスを犯すと、トラウマになったり、守備下手のレッテルを貼られたりすると、選手は、またエラーしたり、打撃も悪くします。
もともと、ユーティリティー選手(どこでも守りる選手)として、入団したのであれば、メンタル面も、そんなに問題ないです。
代打を出したあとの、守備固めで、本来、ショートの選手なのに、セカンドなど違うポジションで起用するなどは、出来る限り、辞めたほうが良いです。
セ・リーグは、DH制ではないので、代打要員に、限りがどうしても、出てしまいますが、違うホジションに入れるのであれば、代打、出さないほうが、トータル的には良い方向に行くのではと感じます。

佐藤輝選手は、守備位置が、大山選手と被るのは、ほんと、2人にとって悲運なのですが、現状として、3塁は大山選手の起用でしょう。
そのうえで、佐藤輝選手は、負担が低い、ライトを守らせる、構想があるようです。
しかし、個人的には、レフトの方が良いと存じます。
もともと、外野の経験が、ほとんど、無い訳ですが、サードやショートは守っていましたので、レフトへの飛球が、どんなものか?や、サードとレフトの守備連携なども、わかっているはずです。
そのため、ライトよりは、レフトの方が、守りやすいのではと考えます。
本人は、3塁・大山選手の、背中を見て、守るのは、嫌かも知れません。
しかし、3年目4年目ではなく、まだ実績のないルーキーですので、今であれば、まだ、受け入れることが、できるでしょう。
打撃で見返して、サードを奪取するくらいの気持ちで、挑んで頂きたいところです。

野球は「守り」です。
失点を3点に留めて、4点以上、獲れば、試合に勝てると言う事を、重視した、スタメンになることを、期待したいところです。




最後になりますが、あとは「ケガ」だけです。
ピッチャーも野手も、そうですが、いくら実力や調子があっても、怪我をしてしまっては、全く意味を成しません。
そのため、スポーツ選手は、大前提として、ケガしない体づくりが、求められます。
しっかりと、基礎練習をしているか?も、問われます。
阪神タイガースが、優勝できるかどうかは、ケガした主力選手が、いない、と言う条件が必要かと考えられます。

プロ野球 バッターが打席に入る時 審判に何を言っているのか? 挨拶をすると言う事
阪神新外人獲得へ ジェフリー・マルテ どんな成績の選手なのか?
2021年プロ野球「外国人枠」と「出場できる助っ人」の人数を解説~阪神ロハスは出場できるのか?