ニュース

JR神戸線 女性運転士が体調悪化し搬送でダイヤに乱れも評価できる行動

鉄道

2018年6月7日、午後5時30分すぎ、兵庫県神戸市東灘区のJR神戸線「住吉駅」で、松井山手発、西明石行き普通電車を運転していた、20代女性運転士が「体調が悪くなり以後の乗務は困難」と大阪総合指令所に連絡し、女性運転士は救急車で搬送されました。
その後、同駅にて別の運転士が交代して、約30分後の6時4分に運転再開となった模様です。

JR西日本によると、上下計4本が運休するなど、約5000人に影響が出たとしています。

体調が悪い中、運転を続けた場合、最悪のことを考えますと、この20代女性運転士は、よく勇気を持って報告を行っており、非常に適切な判断であったと存じます。
最近のJR西日本の問題を考慮しても、称賛して良い行動だとさえ思います。
そのため、交代要員手配で遅れが出るのは、やむを得ないと思います。

しかし、急いでいる乗客にとっては、なかには迷惑な話でもある訳です。
例えば、新神戸駅まで行って、新幹線に乗るため、事前に指定席券を買っていたら、乗り遅れてしまう。
また、神戸空港まで行こうとしていた乗客もいたら、飛行機に乗り遅れることも考えられる訳です。
もし、そんな境遇の乗客がいた場合や、実際に自分が当事者となった場合には、よく交代した、偉いとも言えなくなってしまうのが心情です。

ココなんですよ。

そのあとの予定が狂ってしまう乗客へのフォローがしっかりできるのか・・。

新幹線も事前割引のキップによっては、乗り遅れたら、後続の自由席にも乗車できないチケットがあります。
航空機でも、乗り遅れたら、キャンセル料は100%で、お金が戻ってきません。

すぐにタクシーを手配したりするのは難しいと思います。
でも、鉄道会社の都合で遅延を起こした場合に、困ってしまうお客さんがいたら、補償してくれるのか?
電車に乗る、乗客も、そのあたり「きちんと補償します」と言うことであれば、安心して乗車でき、やむを得ない事情にも理解することができます。

例えば鉄道会社が「保険」のようなものに加入して、その保険から補償してもいいのではと存じます。
運転者さんや車掌さんも、そのような制度があれば、もっと、安心して、体調不良なり、電車の不良なり、申告できる訳でして、それが、より効果的な安全対策に繋がると存じます。
運転手や車掌さんも「人間」ですので、プレッシャーが掛かるような乗務は、絶対に避けるべきです。

ともあれ、今回の運転手さんには拍手を送りたいと存じます。
※写真はイメージです。

参照元

JR神戸線 女性運転士の体調悪化、搬送でダイヤに乱れ

関連記事

  1. 韓国と日本の問題をわかりやすく解説 韓国と日本の問題をわかりやすく解説
  2. 東海道新幹線 死亡男性は止めに入ったか?【新幹線の殺傷事件】 事件の流れと概要…
  3. 襲撃・攻撃地点予想 ボトムズ海峡「石油タンカー2隻」攻撃を受ける 攻撃地点予想 ボトムズ海峡「石油タンカー2隻」攻撃を受ける 炎上…
  4. 川崎の殺傷事件 登戸の通り魔事件「犯行時の行動」詳細まとめ 容疑者のおいたちも …
  5. 行方不明者発見 尾畠春夫さんが30分で発見 山口・周防大島「行方不明」2歳男児を…
  6. 大津事故 大津の保育園児童死亡「交通事故」園長記者会見でのマスコミ批判問題…
  7. 浅間山 噴火ライブカメラ 浅間山 噴火ライブカメラ 2019年最新情報(随時更新)
  8. 犯罪被害 IT講師の岡本顕一郎さん 殺傷事件からわかる犯罪被害防止方法
PAGE TOP