ニュース

樋田淳也容疑者 よくわかる最新情報(更新終了)~サイクリング仲間との足取り

樋田淳也容疑者

強制性交容疑などで逮捕され、2018年8月12日夜、拘留中に大阪府警富田林署の面会室から逃走していた樋田淳也容疑者(30歳)が、9月29日、山口県内で確保された事件を追います。
大阪府警は、連日3千人態勢で行方を追っていましたが、8月15日以降は足取りが途絶えていました。
そして、逃走から約1ヶ月半ぶりに、山口県警が樋田淳也(ひだ じゅんや)容疑者を確保したと言う事になります。

山口県警が逮捕した容疑は、逃走の疑いではなく「窃盗容疑」で逮捕しています。
すなわち、山口県で「盗み」を働いたと言う事になりますね。
恐らく、現行犯で捕まったのではないでしょうか?

まだ、山口県のどこで逮捕されたなど、詳しい状況はわかりません。
今後、警察がは発表すると存じますが、どのように逃げていたのか?
逃走中は、どのように毎日過ごしいていたのか?
わかったことを適時更新し、まとめて参ります。

更新1「万引きの内容」

山口県周南市で身柄を確保されたとの事です。
周南市にある「道の駅・ソレーネ周南」で、食料品を万引きした疑いで逮捕されました。
男性店員が取り押さえたあと、110番を受けて警察がきた模様です。

逮捕した時間は、9月29日の午後6時30分頃で、万引き(窃盗容疑)の現行犯逮捕との事です。
土砂降りの雨の中、取り押さえた定員さんには、懸賞金や感謝状が支給される可能性もあります。

盗んだ品物は、まだ、裏付けが取れていませんが、餅1袋、ローストンカツ、缶コーヒー、紅茶、菓子パンと全部で5点をと言う具体的な情報もあります。

富田林警察署から約360キロ離れた、国道2号沿いにある道の駅ですが、山口弁で「それいね(そうだね)」と言う意味が名称になっているそうです。
ソレーネ周南から約50mのところには、戸田駐在所があります。
盗んだバイクで移動していたのか?、それも、クルマなのか電車なのか?、高速バスなのか?

更新2「確保時の詳細」

逮捕時の状況が更に詳しくわかってきました。
樋田淳也容疑者に最初に声を掛けたのは、私服の女性警備員との事です。
正確な時間もわかりまして、午後5時55分ごろとのことです。
恐らく、万引きが多い施設と言う話があり、万引きGメンと呼ばれる警備員が警戒していたものと推測します。
会計をせずに商品を服の中や手に持って店の外に出たため、呼び止めました。
樋田容疑者は最初「(外には)財布を取りにきただけだ」と言い訳しましたが事務所に連れて行ったと言います。
事務所では「何でなんだ」と抵抗して椅子に座ろうとせず、警察を呼ぼうとすると「何で警察を呼ぶんだ」「何するんか、離せ」と逃げようとしたため、従業員ら3人がかりで、取り押さえたとの事です。
警察官が駆け付けると、手で左のふくらはぎ付近を押さえて離さなかった言う。
不審に思った警官が手をよけさせ、確認すると左足に例のウサギの入れ墨が入っていた。
ひょっとしたらと大急ぎで大阪府警の手配書を見たら、そっくりの図柄だったと言う。
さらに特徴として挙げられていた耳のピアスの痕も確認したら、一致したが『本当なのか』と現場で5回~10回、入れ墨とピアス跡を何度も確認したと言う。
その間にも暴れており、最後には警察官6名ら取り囲まれて、逮捕されました。

更新3「確保時の容疑者の状況」

樋田容疑者が道の駅に来た移動手段は、白いスポーツタイプの自転車との事です。
この自転車は、脱走当日の8月12日夜に大阪府羽曳野市で盗んだものと推測されています。
となると、その後、警察が発表していた原付バイクの男は、別人かも知れません。

自転車の荷台には、リュックやケースに入った、大量のの荷物が載せてあったと言います。

逃走時、樋田淳也容疑者は黒い長髪でしたが、逮捕時の様子は、丸刈りが少し伸びた状態で、髪の毛は短かったようです。
マスクはしておらず、黒いキャップ帽を被り、サングラスを所持していたようで、服装も上は青色、下は黒色のウインドブレーカーをきていたと言います。
最近は雨も多かったので、レインコート代わりでもありますし、夜間は冷えますので、ウインドブレーカーなのでしょう。
なお、無精ひげを生やし、顔や腕などは、すっかり日焼けしていて、このようにバックパッカーの様相だったとの事です。
また、目は充血しており、逮捕時の所持金はわずか280円でした。

更新4「容疑者を移送」

逮捕容疑は、餅1袋と菓子パン、ローストンカツ、缶コーヒー、紅茶(計1053円)を盗んだ疑いです。
樋田容疑者は、サイフを取りに出ただけと万引き容疑を否認しており、氏名や住所については黙秘を続けています。
しかし、左足のふくらはぎにあるウサギの入れ墨に加え、指紋も樋田容疑者のものと一致しています。
大阪府警は、山口県警周南署から身柄を引き受け、大坂に移送し、更に詳しい逃亡生活の解明を進めるとの事です。
なお、大阪府警は9月30日早朝になって、容疑者を加重逃走の疑いで再逮捕しています。
また、大坂での取り調べは、富田林警察署ではなく、大阪府警本部にて行うようです。
なお、移送した警察官の話によると、山口から大阪に護送する際は慎重に慎重を重ね『とにかく逃げられたらあかんぞ』と、皆で祈るように注意したと言います。

更新5「サイクリング仲間?」

樋田容疑者はサイクリング仲間になった44歳男性と一緒に、約3週間、行動をともにしていたことが新たに判明しました。
男性は自転車で日本一周をしており、樋田容疑者と9月8日前後に、愛媛県の道の駅で知り合ったと言います。
一緒に道の駅で寝泊まりしたり、野宿をしたりしていたとされ、ソレーネ周南にも一緒に自転車で来ました。
しかし、店内に入った樋田容疑者が、いつまでたっても出てこないため、ひとりでその場を離れたと警察に離しています。
なお、逮捕されたのが樋田容疑者だと聞かされると、驚いた様子だったと言います。

更新6「サイクリング仲間も逮捕」

その3週間一緒に自転車で行動していた無職44歳男性も、9月30日になって山口県警が逮捕しました。
容疑は、占有離脱物横領容疑で、和歌山県内にて、7月~8月頃に、自転車を盗んだ疑いで逮捕されています。
何者かが、1度盗んだ自転車が放置されていて、その放置自転車に勝手に乗っていたと言う、横領の容疑です。
単純な日本一周が目的では無かったようです。
この男は和歌山県中部の出身で、高校中退後、県内で土木作業の職を転々としていました。
しかし、昨年(2017年)6月、車で日本一周の旅に出たと言います。
ところが、2018年6月頃、奈良県の山間部で動かなくなっている車が発見され、男性の行方もわかっていなったそうです。
樋田容疑者とは、道の駅で寝泊まりしたり、野宿したりしていたが、向こうから声をかけてきて、勝手についてきたのでうっとうしかったと、話しているそうです。
この44歳の男はずっとではありませんん「和歌山から来たというので、同郷だと思って一緒に行動した」と記者会見で話しています。
ただし、男は樋田の人間性を問題視しており、旅の最後の方には『お前、それは人としてどうなん?』と説教したりしていたと言います
「いつもサングラスをしているな」とは思ったが、気に留めなかったと言い、男は樋田と別れる機会を狙っており、逃亡の手助けに関与した可能性は低いとみられています。
10月10日、処分保留で釈放されマスコミの取材に応じています。
ちなみに、処分保留になると不起訴になる可能性が高く、罪を問われないと推測されます。

更新7「前日にも別の道の駅で万引き」

常にサングラスを掛けて、顔を隠していたようです。
逮捕される前日には、道の駅「上関海峡」に寄っていました。
道の駅では「日本一周をしているのでテントを張らした欲しい」と許可を得て、テント泊していたようです。
ただし、食料品売り場では、その後の調べで地元名物のタコを使った「タコの炊き込みご飯弁当」など合計1800円相当を万引きしている様子が防犯カメラで確認できました。

更新8「周防大島では記念写真に応じていた」

しまなみ海道を尾道に渡ると、広島では、原爆ドームも訪れたことが判明しています。
そのあと、樋田淳也容疑者は、周防大島にある道の駅「サザンセトとうわ」にて、9月18日~9月26日まで、約1週間滞在していたことが新たにわかりました。
海にカキやワカメ、魚などをとったり、釣ったりして、持参していた鍋やコンロなど用いて調理し食べていたようです。
また、美味しい店を教えて欲しいと言うと、地元のラーメン店を紹介されて、お金を支払い食事しています。
善意で火を使わないと言う条件で、倉庫に寝泊まりさせてもらったりしていたと言います。
そのお礼に。何か仕事させてくださいと、草むしりをすると、その後「かつとじ定食」をご馳走になったともあります。
また、道の駅の支配人による記念撮影にも応じて「必ず日本一周を達成します」などと記した、置き手紙も櫻井潤弥と言う偽名にて残していたと言います。
下記手紙の内容は下記のとおりです。
「(日本一周)達成後の仕事などのことは未定ですが、この旅で色々なことを学び、今後の生活の糧にしたいと考えております」
また、錦帯橋にも寄り、26日には入浴無料だった岩国の竜崎温泉ちどりには、朝10時の開店から夕方5時すぎまで、2人は7時間以上滞在していたと言います。
と言う事は、景色の良いところで万引きしながら、リゾート気分を味わい、お風呂にも入っていたと言う事が言えるかと存じます。

更新9「高知県で職質されていた」

四国では自転車にて「お遍路」と称していたようで、お寺などにも宿泊させてもらっていたと言います。
8月24日には、愛媛県庁の自転車新文化推進課を訪れ「日本一周中」と印刷された紙を職員に作ってもらい、サイクリング用の地図ももらったとの事です。
日本一周中は、高知県のイメージキャラクター「みきゃん」が印刷された紙に、ラミネート加工してもらっています。
また、8月30日には、高知県須崎市にある道の駅「かわうその里すさき」を自転車で訪問していた際、午後23時ごろにトイレで洗濯していた樋田容疑者を高知県警が職務質問していたことが新たにわかりました。
偽名を伝え和歌山県から来たと回答したとみられ、警察官は自転車の防犯登録番号などの照会まではせずに職質を終えました。
逮捕後の写真や映像をみた警察官が上司に申告してわかった次第です。
なお、山口県警が逮捕した際の新たな情報もわかりました。
山口県警は、自転車の防犯登録を確認したところ、大阪府だったため、大阪府警に照会したそうです。
すると、樋田淳也容疑者の可能性があると言う事で、指紋・太ももの刺青などの照合を行い、逮捕に至ったとのことです。
9月2日には、再び愛媛県庁を訪問し「旅先でアイスクリームをもらった」「人柄がよく、きれいな所が多かった」などと四国旅行の感想を語り、職員に謝意を伝えていたと言います。

更新10「立ち寄り地点の詳細」

明石海峡を旅客高速船で渡り自転車にて、淡路島を一周。
本州に戻って、しまなみ海道から8月24日松山市で愛媛県庁を訪問し「日本一周中」のプレートを作ってもらう。
また松山市内の自転車店で、自転車の荷台設置を依頼した。
8月25日、44歳の男と香川県観音寺市の道の駅で出会う。
8月26日、2人でお遍路と称し、夕方17時頃、香川県三豊市の弥谷寺を参拝し、近くの道の駅にて宿泊。
8月29日、徳島県海陽町の「道の駅宍喰温泉」に寄り「一般の人の家に泊めてもらい、酒も振る舞ってもらった。これまで出会った人に食べ物もよくもらったし、お金も3000円くらいもらった。四国の人は優しい」と並走した男性に話していた。
8月30日、午前中に高知県田野町の道の駅に寄る。お遍路のような姿をしていた。
8月30日、夜23時頃に高知県須崎市の道の駅で警察官から職務質問を受ける。
9月2日、再び愛媛県庁と自転車店を再訪し謝意を伝える。
しまなみ海道を渡る途中、愛媛県今治市の見近島のキャンプ場にて、海に潜って、貝や魚を捕獲して焼いて食べたりした。
9月3日、行動をともにしていた男と広島県三原市で再度合流し、竹原市で釣りをしたり、呉市を観光。
9月10日、広島県呉市の大和ミュージアム訪問。
9月11日、広島市の原爆ドーム付近で野宿。
9月13日、山口県岩国市の錦帯橋付近でテント泊。
9月17日、道の駅「ふれあいどころ437」(山口県柳井市)で宿泊を断られて移動。
9月18日~26日、周防大島町の道の駅に滞在し、食事の提供を受けるなどした。
9月26日、入浴が無料の日と聞いて、竜崎温泉ちどりに朝10時~夕方5時過ぎまで2人で滞在。
9月27日~28日、山口県上関町の道の駅でテント泊。
9月29日夕方、道の駅で万引きし現行犯逮捕。

なお、黙秘を続けているため、まだ逃亡中の足取りの全容は明らかになっていません。
しかし、四国ではお遍路、他の地域では日本一周と称して、多少なりとも、地元の方の善意による支援も受けています。
そのように、優しく接してくださる住民がいる反面、樋田淳也容疑者は反省すら行っておらず、大変身勝手で許せませんね。

ともあれ、ずっと、盗みをしながら、樋田淳也容疑者は逃走していたことでしょうから、逮捕されましたので、その点はホッとできますね。
また、他の新しい情報が入りましたら、追記させて頂きます。
更新は終了致しました。

関連記事

  1. googleマップ 新しいGoogleMAPの問題(2019年3月) 精度が悪い? …
  2. 川崎の殺傷事件 登戸の通り魔事件「犯行時の行動」詳細まとめ 容疑者のおいたちも …
  3. 口永良部島の噴火 口永良部島 噴火ライブカメラ 2020年最新情報(随時更新)
  4. コスモ石油アプリ「カーライフスクエア」QRコード コスモ石油アプリ「カーライフスクエア」QRコード 読み込みされな…
  5. 浜松駅 しらい ゆう (まえだ えいこ)さんはご家族と再会できたのか?…
  6. 浅間山 噴火ライブカメラ 浅間山 噴火ライブカメラ 2019年最新情報(随時更新)
  7. 犯罪被害 IT講師の岡本顕一郎さん 殺傷事件からわかる犯罪被害防止方法
  8. ゴーン被告 関空から不法出国した方法のまとめ ゴーン被告 関空から不法出国した方法のまとめ
PAGE TOP