起業ではマイナンバーカードがあると便利な話【法人設立】

「起業ではマイナンバーカードがあると便利な話【法人設立】」のアイキャッチ画像



マイナンバーカード不要派なのですが、残念ながら、会社設立ともなると、マイナンバーカードがあったほうが、断然便利です。
電子申請などできるシステムが、個人のマイナンバーカードに依存する仕組みとなっているためです。

郵送でもだいぶ申請を受理して頂けるように、役所もかわってきていますが、電子申請であれば、そもそも書類を印刷せずに提出できますので、家から1歩もでなくても、申請できてしまいます。

そのため、会社設立を目指す場合には、一番最初に、マイナンバーカードの発行申請を行ったほうが良いかもしれません。

なお、通常で、マイナンバーカードの発行には、申請から発行されるまで、1ヶ月間程度の時間を要します。
まったくをもって、30日も掛かるのには、理解に苦しみますが、そのような仕組みですので、早めに申請しておきたいところです。




私も、今回の法人設立では、必要性を感じて、新型コロナの10万円給付で、役場も忙しいさなかではありますが、マイナンバーカードの申請をさせて頂きました。
スマホから、マイナンバー通知カードのQRコードを読み取って、申請完結させています。

しかし、なんでも、スマートフォンからできてしまうと、ホリエモンさんが、もうパソコンなんて使っていない。
原稿を打つのもフリック入力だと言うのも、今後の時代の流れかなと感じています。
もちろん、会社設立からら、設立後の厚生年金や健康保険の各種申請・手続きも、マイナンバーカードと最新のiPhoneがあれば、電子申請にて、可能です。

(参考) 一人会社の設立登記申請は完全オンライン申請がおすすめ (法務局)

小生の場合、マイナンバーカードができましたと言うハガキが届くで、実に2ヶ月半の日数がかかりました。
それから、すぐに取りに行っていないため、約3ヶ月も掛かって、ようやくマイナンバーカードを手にしています。

ひとり社長 法人設立までの手続き注意点と流れ