22歳中国人妻が容疑者なのか? 【まとめ】紀州のドンファン野崎幸助さんに覚せい剤投与 本名や写真はあるのか?

「22歳中国人妻が容疑者なのか? 【まとめ】紀州のドンファン野崎幸助さんに覚せい剤投与 本名や写真はあるのか?」のアイキャッチ画像



紀州のドン・ファンと呼ばれた和歌山・田辺市朝日ケ丘在住の資産家・野崎幸助さん(77)が自宅2階で不審死を遂げた事件。
酒類販売業や不動産業などを営む実業家で、資産は50億円あると言われています。
警察は死因「急性覚醒剤中毒」と特定して捜査しています。

新聞や週刊誌の報道を総合して掲載してみたいと思います。
<追記> 元妻・須藤早貴容疑者が2021年4月28日に逮捕されましたので、後半に追記させて頂きます。

野崎社長は資産50億円と言われ、愛した女性も4000人と桁外れです。
過去2回結婚していましたが、3回目の結婚をと、2017年11月に女性探しを知人に依頼したと言います。
その時の条件は下記のとおりです。

・とにかく美人
・身長170センチ以上
・年齢20歳~25歳

その知人が若い女性の写真を送ると、一目で気に入り、2017年12月には、京都の清水寺に旅行するなど、2人は会っていたと言います。
その後、168センチのスレンダーボディにDカップである当時21歳女性と野崎社長は、2018年2月8日に入籍しました。




妻は中国でモデルの仕事をしているため出張費として毎月300万円を渡していたと言います。
また、結婚した後もしばらく、妻は東京都新宿区で暮らしていて、時々しか和歌山には来ていませんでした。
しかし、2018年4月中旬頃から、和歌山の家で暮らすようになったと言います。
しかし、野崎さんを嫌った妻は、体調不良ということで、夜を共にしなかったと言う報道もあります。

自宅2階の私室の椅子の上で、もがいたように腕を上げた状態で亡くなっていたそうです。
死亡推定時刻は21時頃。
最初に発見したのは22歳の妻で、時間は22時頃。
悲鳴を聞いた秘書兼家政婦の女性、竹田純代さん(66)が警察に通報しました。
野崎さんは、口から泡を吹いていて、服を脱ぎ、全裸に近い状態だったと言います。(覚醒剤を大量摂取すると暑く感じで服を脱ぐ行動があると言います。)

野崎氏の死の翌日、自宅には警察の現場検証が入る中、22歳妻は会社事務所に足を運んだと言います。

「A子さんが“野崎の遺産、私が引き継ぎます”って言うんですよ。社長が亡くなって社員もみんな戸惑ってる最中にそんなこと言われて。その上、“東京帰っていいですか?”と。しかも、ベテラン社員が今後の話をしようとしたら、事務所のソファに寝っ転がって、携帯ゲームをしていました。結婚3か月で実感も薄いのかもしれませんが、これはあんまりだと…」

葬儀でもスマートフォンをいじる姿が目撃されていたという1996年2月生まれ22歳の妻。
中国人なのではと言う噂がありますが、少なくとも、北海道札幌市で生まれたようです。
という意味では日本人の女性だと存じます。
ただ、中国でファッションショーなどにも出演するため、頻繁に中国を訪問していた模様です。

ちなみに、家政婦だった、竹田純代さんは、30年以上前には、六本木でクラブのママを務めていたこともあると言う。
野崎さんが亡くなったあとは、銀座でホステスをしていたようでが、3ヶ月後くらいから、消息が不明になっている。




下記はインターネット上にある情報で、奥様とされる女性の顔写真なども一部表示されている模様です。
ツイッターにあった情報です。

このようインターネット上では22歳妻の本名や経歴なども露出していますが、本当にそうなのか?、正しいのか?、2018年の当時は、裏付けがとれず、確信できるまでには至りませんでした。
過去にはA●にも2本出演していたと言う情報も、当方では当時から把握致しておりました。
※今では「須藤早貴 A●」などと、検索すると、出てきます。
しかし、本当に、22歳妻本人なのか、確証が得られないため、当時は、そこまでの情報掲載は自粛させて頂いておりました。
お詫び申し上げます。

ただし、下記のようにマスコミがお名前を記載しているツイッター投稿もありました。

警察は、先に死んだペットの遺体も、掘り返して、解剖し、ペットの死因も特定し、関連性がないか確認しました。
また、22歳の妻は、自身の母にも、結婚したと報告していなかったと報道もされています。




野崎幸助さんの死は多くの謎を残しています。
もし、誰かが殺害したと言うことであれば、真相が明らかになり、きちんと処罰され、逃げ徳などがないように願いたいものです。
そうでなければ、被害者も報われないでしょう。
もし、殺人であれば、絶対に許されることではありません。
このような悪質な事件は、2度と起きないよう、しっかりと捜査が行われること切に願っております。




須藤早貴容疑者逮捕

和歌山県警は、2021年4月28日早朝、元妻の須藤早貴(すどう-さき)容疑者(25歳)を、殺人などの疑いで逮捕しました。
殺害のあった時間帯に自宅にいたことや、野崎さんが死亡する前に、須藤容疑者が、インターネットで、覚せい剤に関して、調べていたことがわかるなどして、殺害に関与した疑いが強まり、逮捕に至った模様です。
逮捕した場所は、東京都品川区の高層マンションで、朝5時14分頃、逮捕したあと、捜査車両などが、午前5時35分ごろにマンションから出て行くところが、目撃されています。
須藤容疑者は、田辺署に移送されて、本格的な取り調べに入る見込みです。

須藤早貴のプロフィール
身長:167㎝
年齢:事件時22歳
出身地:北海道札幌市
居住地:和歌山県田辺市、東京都新宿区のマンション
職業:モデル
高校卒業後、札幌市内の美容専門学校に進学し、卒業後に東京に出る。
東京では、セクシーモデル女優、愛人業、高級デートクラブなどの経歴がある模様。
須藤容疑者と亡くなった野崎さんは、年が50歳以上離れており、野崎さん死亡の、約3か月前に、結婚したばかりでした。

報道などをまとめますと、早貴容疑者は、携帯で、麻薬の売人らしき人物と接触したり、何度も覚せい剤と、インターネット検索していた履歴が残されていたと言います。
また、早貴容疑者は、野崎さんの親族や家政婦、従業員らに「幸助さんがどんな食べ物が好きか、嫌いかとか、醤油をよくかけるか?」など、細かく嗜好を聞いていたとの事です。
そして、毎日、栄養ドリンクを飲んでいると聞き、味が濃い、栄養ドリンクに、覚せい剤を混ぜた可能性も、指摘されています。
野崎さんの死後、早貴容疑者は、野崎さんが和歌山県田辺市で経営していた会社「アプリコ」から、約3834万円などを、自身の名義の預金口座へ振り込んでいました。
その資金をもとに、最近になり、ドバイに移住する計画もあったようで、警察が、海外逃亡される前に、逮捕に踏み切った可能性もあるようです。

下記は、Twitterにあった情報を、公式な方法で共有表示したものです。

また新たなことが分かりましたら、追記致します。




参照元

紹介者が初告白「紀州のドン・ファンと妻を引き合わせたのは私です」
ドン・ファンと55歳年下妻 実際の出会いは著書の記述と違う
覚醒剤死“紀州のドン・ファン”、愛犬ももがき苦しんで急死
急死の“紀州のドン・ファン” 通夜で響いた22歳妻への怒号